ドメイン
Read more

バツイチ女性

私が活動していた10年以上前の頃は、殆どの男性が結婚経験のある女性を敬遠する傾向がありました。増してや子持ち女性なんてとんでもないと言わんばかりの風潮でしたが、最近はかなり変わってきました。殆どの男性は子供さえいなければバツイチくらいはOKと言われています。中には子供がいてもOKという、私の時代には一人も会ったことが無かった男性も現れ始めています。特にロシアから訊かれていることで私達が返答に詰まるのは「...

Read more

イメージングの絶大効果

国際結婚相談所のドアをノックする多くの男性の一部を除き、殆どは外国人女性との交際経験は皆無の人達です。その方達に問いかけますが、いざ白人女性の彼女あるいはフィアンセが出来た時に自分がどのように相手と向き合っているか…そのイメージが湧いてきますか? またそのイメージ通り行動出来る自信がありますか? 念願成就までのプロセスを常にイメージングすることは、願望の現実化を果たすのに強力な効果を発揮する...

Read more

ここは信じなさ過ぎる人が一番損する世界です

何事も安易に信じ過ぎるは確かにトラブルに巻き込まれるリスクを高めてしまいます。しかし、いつまでもいつまでも警戒して静観ばかりで一歩も踏み込めない人はもっと問題です。何か一つの目標に向かって進んで行こうとする場面においてイザの踏み込みが出来ないということは人生のチャンスを掴むということにおいては致命的なことです。チャンスに気付かずチャンスを逃し、後悔することにもつながりかねません。人が何か新しいこと...

Read more

この春混み合う予感

先日の週末は面接ラッシュでした。ある方との面接中に別の方からの問い合わせや面接依頼のCall、また既存の会員様の再渡航の件で、私の携帯は土日と深夜まで鳴りっぱなしでした。ある方々は3月ですが、しかし大部分はサラリーマン、やはりゴールデンウィークを狙っていらっしゃるようです。サンクトペテルブルグは3名、あとは皆プラハです。注意して頂きたいのは、プラハは現地運営者一人で錐揉みしているため、現地での対応能力は...

Read more

進捗は人によって千差万別です

入会後はどのようなスピードでどのようなステップで進んでいくことになるのですかという質問をされた方がこれまで2名程いらっしゃいました。男性も女性も個体がそれぞれちがうのに、ステレオタイプの展開など定められるわけがありません。当事者の頭の中の考え方によるものです。国際結婚エージェンシーはカップルの製造工場ではありません。ここには管理された製造ラインがあるわけではありません。男女の交際開始後、私達は何か...

Read more

女性選びの基本

初めて渡航お見合いに参加される方がコツをご存じないのは仕方のないことですが、まずは一般的な傾向から述べましょう。概ねどの方も最低10人以上の打診リクエストを出してくるのですが、蓋を開ければ全員が外見的に極上級の女性ばかりで、垣間見えるのは欲ばかりです。日頃私が当欄で述べているように、ご自身とのバランスを考えて選ばないと“No”の答えばかりが返ってきますよ。女性のルックスや才能を見て「いいなあ...

Read more

やってくれちゃったね…

日本人女性に白人男性を紹介する国際結婚相談の最大手デスティナ・ジャパンが6か月の営業停止処分を受けることに昨日相成ったようです。理由は登録男性数の偽りだとか… また、それ以上に特定商取引法をしっかり遵守していなかったことのようです。つまり会員が解約を求めても同法で定める通りに応じなかったこと。同法では解約を求められた時の返金計算方法まで明示されているのです。同社の場合、こちらの方が理由として...

Read more

思いつめる人

今日までのところ、こういうタイプの人はまだ当社には来たことがありませんが、時折見たことのあるタイプなので今のうちに言っておこうと思います。自分の活動時代から見てきて、こういう人は失敗する可能性が非常に高いタイプだと思っています。ご自身が該当しないか公正に分析してみて下さい。こういう人は一人の女性に徹底的に入れ込む傾向が強く、この彼女でなきゃ嫌だと頑なに真っ直ぐ行こうとします。相思相愛なら勿論良いで...

Read more

チェコ女性とロシア女性のプロフィール比較

当社の女性プロフィールには、念のため日本語訳をつけています。読み手はさらっと読み流してしまうかもしれませんが、翻訳をしている立場からすると、チェコ女性に比べてロシア女性のプロフィールは少々くどい印象があります。そのくどい部分は男性に求める資質を表現する箇所です。女性の立場に立って読めば全て当然のことですが、それだけ男性への不安があるということです。ロシア人男女の国内事情についてはこれまでも良く当欄...

Read more

自分に不安ならば…

日々雑感と言うか少々苦言です。近頃の質問は、身長、年収、時間の苦しさなどPracticalなものばかりです。10年前の人があまりこういうことについて質問をしている光景を見たことが私はありませんでした。当時は皆さん、きちんと準備されてから渡航されていましたね。ところが今はこちらにその人が準備出来ているのかどうか判断までさせられます。そもそも他人に「大丈夫でしょうか?」と相談する前に自分で判断してほしいことです...

Read more

ミーティングの成功と平和な将来のために

当社は渡航者の過半数はチェコ女性希望者です。当社しかチェコ女性を紹介していないので目を引くのでしょう。有難い話ですが、ただ新女性の更新が遅いのは申し訳ないと思っております。現地の人手の問題もありますが、ただそれ以上に入念な面接を行っているためです。何分、日本では新しいマーケットなので気を使っていることは事実です。ただ今日までのところ女性に対して大きな苦情が出たことはありません。チェコの女性に関して...

Read more

白人女性達の文化レベル

ロシアにせよチェコにせよ、白人女性とのデートの時には必ずと言ってよい程ミュージアムに一緒に行くことになります。サンクトペテルブルグにはもう言うまでもなく、あの世界文化遺産エルミタージュがあります。その他にも歴史的・文化的建造物が大変多い街で、そういった場所を女性に案内されながら一緒に歩くことになろうかと思います。驚くのは、彼女達のその歴史知識です。日本はロシア以上に歴史の長い国で、彼女達に日本の歴...

Read more

渡航時期は皆さん重なります…ご注意を

ズバリ日本人は時間貧乏です。皆さんが一番よく自覚していらっしゃるでしょう。普通のサラリーマンから富裕層に至るまで時間の取り方に苦労する方が多く、結局は年末年始、ゴールデンウィーク、そして夏休みなど、皆が休む時期にクライアントさん達の渡航時期も重なります。予想通り1月の渡航者はゼロでした。しかしこの月は月間の問い合わせの数は当社発足以来最高でした。聞くと一部3月渡航予定の方がいらっしゃいますが、多くの...

Read more

男性の活動にとって本当に有利な条件とは何か?

日本人男性が白人女性を獲得するための advantageとは何でしょうか?経済力、外見力、英語力、包容力、誠実さ…全部あれば最高ですが、全部を満たしている人などなかなかいません。経済力や外見力は人柄が伴えば魅力になりますが、そうでなければ実は対して決定打になりません。過去の幾つかの事例が証明しています。例えば大きな経済力や高収入は人を尊大にさせる可能性があります。物品購入なら問題ありませんがこの世界で...

Read more

Youth Keeping を実行しましょう (Part 2)

今日は昨日の続きです。Youth Keeping とは外見の若作りや気分の爽やかさの維持だけではありません。男性機能も然りです。敢えてHP上には載せませんでしたが、実はこれも立派なFAQの一つです。つまり、「アチラの方はあまり自信がないんですけど、白人女性達のそれはどうなんでしょうか?」という質問です。実にこの相談事が多いのです。皆さんはご自身でどうだと思われますか? 自信が無いのなら大丈夫なわけがありません。日本...

Read more

Youth Keeping を実行しましょう

今日のタイトル、日本語で何と訳したら良いだろうかと考えましたが、強いて言えば「若さの維持」でしょう。英語ではこういう表現でよく Readers Digest などの雑誌に出ています。この場合、若さとは必ずしも見た目の若さの維持だけを意味しません。体力も合わせて考えてみたいと思います。加齢とともに「自分はもう年だからおじさんだ」と思うと本当に老化が始まります。自分はもう40だから、50だからこのようにならなくてはならな...

Read more

今も昔もこれだけは変わりませんねえ…

国際結婚相談者である男性の年齢は20~50歳代までと大変に幅広いです。対して女性は20歳代が多く、あとは30歳代の前半くらいまでしかHP上には載せていません(本当はもっと上の年齢の方もいるのですが)。20歳台の男性もいることを思えば10代の女性も載せておこうというつもりで、ほんの僅かですが載せています。昨日、社会的成功者の話を書きましたが、こういう人達の多くは自らの年齢が40台後半とか50歳代であるにも拘わらず平気...

Read more

実るほど首(こうべ)を垂れる稲穂かな

国際結婚相談所に医者や弁護士、また起業家や国家公務員が訪れたという話は以前からよくありました。しかし気になるのは、これらの職種の方々が成婚したという話をなかなか聞かないことです。外国語の大学教授を除いて日頃他人から先生または社長と呼ばれたり、上から世間を見下ろす立場にある人達は女性と会う時もやはり尊大な態度が出る傾向がありそうです。言うまでもなく相手の女性にはマイナスイメージですのでご注意下さい。...

Read more

男性からの誘いかけに素直な女性達

私は学生時代を福岡市で過ごしました。出身は九州ではありませんが、そこに住み始めて印象的だったこと、それは男性の女性に対するアタック攻勢が物凄いこと。つまり九州男児の押しの強さです。当地の男性から見れば当たり前のことでしょうが、余所者の私から見ると九州の男性の押しの強さは一際です。自分で「いい女だ」と思えば“空かさず”アタックする。彼等は一度や二度女性に断られても平気で、目当ての女性が落ち...

Read more

世界80%の思想と発想の基

以前からよく日本人は不思議だとか不可解だとかいう言われ方を欧米中心にされてきたことを知る人は多いでしょう。言われている日本人は一体どこが不思議で不可解なのかさっぱりわからなかったはずです。世界80%の人々の思想の基は旧約聖書です。キリスト教徒が使う新約聖書、イスラム教徒のコーラン、そしてユダヤ教徒のタルムードは全て旧約聖書を母として生まれてきた子供達のようなものです。旧約聖書それ自体はキリスト教やそ...

Read more

新サービス早速ご好評いただいております

Harmony Pre-members Club のご案内を一昨日したばかりですが、既に複数に方からお申込み頂きました。手前味噌ですが、気軽にご利用頂ける良いサービスだと思います。セミナーをご案内した時は是非とも御参加下さい。普段は当欄で一方通行ですが、皆様と顔合わせしながら色々話し合うことが出来ます。どうぞ宜しくお願い致します。東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者 ブログランキングに参加しました。参考にな...

Read more

英語力の諸外国事情

日頃私は英語、英語とうるさく言っていますが、本当にこればかりは全くのゼロでは活動はどうにもなりません。渡航先が白人国であるために、英語と聞けば構えたり怯んだりする人がいるのかも知れませんが、ロシア人やチェコ人またその他の非英語圏の国々の人達の立場からでも英語は所詮は外国語に過ぎません。皆さんと同じお土俵の上です。昔から一部の理屈好きな向きは、英語圏でなくとも彼等の言葉はインド・ヨーロッパ語族で英語...

Read more

今日から新サービス開始致します

1月も早終わり、今日から2月です。今年もあと残すところ11ヵ月しかありません。冗談抜きにホントそう思います。時間の流れは早いですよ、皆さん。人生のパートナーは早く見つけましょうね。さて本日より Agency Harmony はこれまでの無料仮会員制度を廃止し、代わりに新しいサービスを始めましたのでご紹介致します。 【Harmony Premembers Club の発足】これまではご入会後に初めてご希望女性のミーティング可能性を打診して...