ドメイン
Read more

チェコ女性7名UP

本日チェコの女性を7名UPしました。その数日前にUPした3名の女性と合わせて以下の計10名が新女性です。未だ日本人好みの美人が1名UPされないで残っております。こちらの方は今しばらくお待ち下さい。0276番 Jana(33歳)0277番 Martina(26歳) 0278番 Sweetie(26歳)0279番 Lucie(29歳)0280番 Misa(24歳)0281番 Monika(24歳)0282番 Zusana(23歳)0283番 Sarka(24歳)0284番 Ivana(24歳)0285番 Michaela(26...

Read more

プラハ運営者来日

ゴールデンウィークにプラハに行かれる最後のクライアントさん<5/6(火)成田帰り>を現地で見送った後、プラハの運営者 Pavlina Sedlarikova がその翌々日の5/8(木)に来日します。このため、5/7(水)~5/19(月)までの間、プラハでのサービスはお休み致しますので、この間はプラハには渡航頂けませんことを予め御了解下さいますようお願い申し上げます。尚、国内でのお問い合わせなどには影響ございません。普段通り、月曜日...

Read more

ああ、愛憎のヨーロッパ

今から15年前のある日のことを私は忘れられません。日本語が半端じゃなく超堪能な友人のアメリカ人男性とオーストラリア人男性(今も私の家の近所に日本人女性と結婚して住んでいます)、そして日本人男性と4人で路上を歩いていた時のことを。時は、現在の“EU”を未だ「EC統合」と呼んでいた時代です。その日本人の彼が「EC統合なんて簡単なことなんじゃないの?どうせヨーロッパなんて基本的に白人国の寄せ集め...

Read more

自分の外見にも厳しい目を

ロシア・東欧・中欧国際結婚を扱う当社のHP上では、面接にお越しの際は御自身が現地でこれを着てミーティングに臨もうと思っていらっしゃる恰好で来て下さいと申し上げていますが、最近どうも聞いて戴けていないようです。ジャケットを着てズックを履いてきた方がいらっしゃいました。崩れた外見力を矯正することはとても重要です。当方が男性だからということで気を抜かれているのでしょうが、以前に当欄で述べているように、ま...

Read more

未婚女性「結婚しなくても幸せ」が何と73%

部屋を整理している時に偶然見つけた古い新聞記事の見出しです。この記事は2005年2月25日読売新聞が報じたものです。以下はその全文です。読んでみて下さい。                     ***記事***読売新聞社が行った結婚観に関する全国世論調査(面接方式)で、「結婚しなくても一人で幸福」と思う未婚女性が7割超に上っていることがわかった。2003年の前回調査より10ポイントも増え、独身女性の間で、未婚...

Read more

旨そうに見えるラーメン屋

昨日あるラーメン屋さんに入りました。私は歩くことが大好きで20kmでも30kmでも平気で歩く性分。歩いて街を覚えます。ある日あるところを歩いていた時に気になる看板を見つけました。そこが昨日行ったラーメン屋さんです。私は普段あまりラーメンなど食べないのですが、そのラーメン屋さんの前を通った時、その店構えと店名、そして看板に魅かれ、いつかラーメンが食べたくなったらここに来てみようと思っていました。そして昨...

Read more

言葉が持つ力

一昨晩、NHK BS2で 太平洋戦争を戦った日米双方の戦士達が60余年たった今、ご対面するというドキュメンタリーを放映していました。双方とも70代後半から80代の年代の人達で、戦争中は10代の若者だった人達です。対面する前は日米双方に出演を辞退した人がいたようです。また出演した一部の人達も最初は溶け込んで直ぐに旧米兵と話を始めることが出来ず、隅に固まっていた旧日本兵の人達もいました。それはそうだろう。戦争の名の下...

Read more

嘘も100回つけば本当になるぞ

とは言っても、他人に嘘をついてはいけません。人を楽しませる目的の軽い嘘なら良い場合もありますが、悪質な嘘は言うまでもなく罪です。ここで言いたかったのは自分自身を高めるための自分自身に対する良い嘘のことです。嘘という言葉に違和感があれば“夢”という言葉に置き換えても構いません。誰しも一つや二つくらいのコンプレックスはあります。傍から見てどんな美人であってもそれなりにコンプレックスがあるとい...

Read more

ゴールデンルール(初デート編)

お気に入りの女性と再会の約束を取り付けて待ち合わせ、再開出来た時からが所謂“デート”の始まりです。とりあえず安心。でも気を抜いてはいけません。ふと余計なことを喋ってしまってパーなどということになりかねないリスクも初期のデートの中には含まれています。今日は避けたい話題について書きます。 1.   昔の彼女や妻の話は避ける私自身の経験で、女性の方が昔の彼氏の話に深く触れたかけた方が...

Read more

ゴールデンルール (ミーティング終了後編)

今日のことは以前にも書いたことです。ミーティングが盛り上がってその女性を気に入った場合、ミーティング後に直ぐ彼女に電話を入れて「今日は楽しかったです。ありがとう。また直ぐに会いたいと思います。」と言ってあげることがすごく効果的です。何故これをすることが効果的なのか分かりますか? 殆どの人がこれをしないからです。誰でもすることをしても印象的ではありませんが、他人がしないことをする人は印象に残るからで...

Read more

ゴールデンルール(ミーティング編)

間もなく渡航する人のために、諸々の注意ポイントを整理してみました。以前にも書いたことがありますが、今日はまた別の表現で書いてます。シリーズで明日以降ももっと突っ込んで纏めてみましょう。渡航を控えている人は必ずよく読んでおいて下さいね。 1.   相手に貴方とのミーティングを楽しませるミーティングとはズバリまずは座ってお話しすることです。相手があなたに退屈を感じたら全てがパーです。そうなら...

Read more

交際相手決定の瞬間までのハードル

お陰様で最近のAgency Harmony は、お問い合わせ件数が2008年1月以降、昨年の4倍くらいに激増状態。お問い合わせメールの返信や電話の応対に時間を取られ、私が昼食を取れるのは午後3時~4時くらいになることがしばしばです。昨晩というか今朝の就寝も午前4時で起床は8時。海外とのやりとりにも時間を割かねばならないので忙しい限りです。ありがとうございます。 GWに渡航される方、またその後の夏休みに渡航を考えていら...

Read more

Testimonial

海外ではよく“Testimonial” と言って、実際に自社を使って良い思いをしてくれた方のコメントがサイトに出されています。これに相当するようなコメントが、3月にプラハで一緒にいたクライアントさんから届きましたので紹介します。帰国後の交際も順調なようで何よりです。 川合様 アドバイスありがとうございます。Skipe をダウンロードして使い方を勉強してみます。 チェコ女性の感想ですが、皆非常に...

Read more

国際結婚ZAKSさんと提携

この度私たちAgency Harmonyは ”国際結婚ZAKS” さんと業務提携することに、両社の合意で相成りました。今回の業務提携に基づき、新たに“ダイアモンドコース”を新設致しました。このコースの詳細内容は下記の通りです。 料金    :¥600,000(一括払い)サポート期間:2年間サービス内容:ZAKS及びHarmony 双方の開拓エリアの中でお好きなエリアの登録女性にミーティング申し込みが可能です。云わば両者のサービスの相互乗...

Read more

チェコ新女性情報入手

今朝も新女性情報3名分が現地より来ました。4月に入ってここまでで7名です。本会員及びPre-member に優先配信しておりますので、HP上にはこの先数日後のUPとなります。現在、20台後半~30代前半の女性の数増強に力を入れています。今後この年齢層の女性が増えてくると思います。東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者 ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!...

Read more

異文化男女間のキーはメンタリティーの相互理解

日本も昔は家族の絆がもっと強かったように思いますが、最近は血を分けた親族間でも一度家を出ると疎遠になっていく人が多いようです。余程のことがあれば実家に駆けつけるでしょうが、そうでもなければ実家は遠いし忙しいからせいぜい電話の様子窺いくらいで済ます人が多いのではないでしょうか? これでもう生涯会えなくなるというわけでもにのに、その程度のことで自分が会社を休んでまで行ってそもそも何になるのかという考え...

Read more

まずは現地運営者とのお見合いです

過去色々思い起こせば、目的を達成した人というのは現地の運営者に好感をもたれた人でした。いくらビジネスであっても相手も所詮人間であり、また現地運営者の多くはミーティング女性と同年代の女性であることが多いのが現状です。ビジネスの顔をしながらも一人の男性として見る眼を合わせ持っています。好感を持たれる男性は、現地運営者も安心して彼のお相手女性に対して自信を持ってバックアップ出来るので男性にとっては心強い...

Read more

それでOKです

3月末のクライアントさんは帰国後も順調にやりとりされているようで、次回の渡航を計画中とのことで昨日電話を戴きました。一人に決めかねないで帰国されていたようでしたが、二兎を追うものは…の論理で早々に決心したようです。それでOKです。優柔不断と欲張りは碌な結果を招かないものです。唯一の失敗は、彼女のSKYPE  IDを聞いてこなかったこと。チェコの場合は多くの女性が自分のパソコンを持っているのでSKYP...

Read more

ゴールデンウィークにプラハへ渡航される方へ

昨日もプラハ渡航希望のクライアントさんがいらっしゃいました。他にも何名かいらっしゃいますが、皆さん予約は完了してますか? 電話の繋がらない方がいらっしゃいましたのでここで要件を伝えておきます。昨日の方は5/1~5/6までの予定で渡航されるとのことでした。今から予約可能な空席情報を今朝調べてみました。渡航予定者の方は早めに席だけは抑えておいて下さい。値段と乗り継ぎの良さ両面から今の時期は下記の通りです。今...

Read more

プラハ出張報告 その3

今回の出張で、現地運営者からこれは良い忠告だと思った表現がありました。「日本人とヨーロッパ人との間では多少のメンタリティーの差があると思うので、この差を女性にあまり大きく感じさせないように行動して欲しい。」…とのことでした。彼女のセリフはたったこれだけでしたが、そこには大きな含みがあります。普段から私は「現地に着いて街を歩く時は女性ばかりに目を向けないでカップルの、その時は特に男性の行動に注...

Read more

渡航時に携帯電話は必携品です

女性とのミーティング渡航者が現地で使う携帯電話を持っていく人は最近まで稀でしたが、もう必携品と言っても良いでしょう。皆さんが渡航される時には必ず持って行って下さい。海外に行ったらホテルの部屋の固定電話しか頼る通信手段がないという状況は大変に不便です。最近チェコでデートしていた人でこういう人がいました。彼女の実家のあるプラハから60kmの小さな街Pribram(チーブラムと読む)にバスで行った時、「ここで降...

Read more

時間貧乏は日本人だけではなかった

今回のチェコ出張最終日に、あるカナダ人の男性に会いました。彼は4度目の訪問だと言ってましたが、来る度短期滞在だとのことで、今回も2泊3日。もっと驚きだったのは2日間で7本も女性とのミーティングを入れたとのこと。結局私が彼に会ったのはその7本が全て終わったあとのことでしたが、かなりきつかった様子でした。日本人の皆さんも4~5泊位が平均ですが、このカナダ人の例からもわかるように、4泊5日で4人というのは...

Read more

プラハ出張報告 その2

今回のプラハ出張に伴い、面談してきた女性の印象をプロフィールに書き加えていますので閲覧下さい。現在までコメントが入っているのは以下の女性です。 0034番 Veronika0063番 Ivanka0162番 Ilonka0164番 Karolina0193番 Karolinka0268番 Lucie0275番 Petra 今回改めて感じましたが、チェコの女性の英語レベルも千差万別です。0275番モデルのPetraさんも自信がないということで自分の友人Veronikaさんを同席させ...

Read more

プラハ出張報告(その1)

プラハで一緒だったクライアントさんも本日無事帰国されました。3月22日土曜日、私は現地運営者と共にプラハを出てブルノで用を足し終え、彼女はブルノに残り私だけが先にプラハに日帰りしました。プラハに帰ったとほぼ同時にそのクライアントさんの1本目のミーティングが所定の場所でありました。その前日の打ち合わせで彼の1本目のミーティングだけは現地運営者からの依頼で私が同席することとなっていましたので、急いでその場...