ドメイン
Read more

大卒の平均年収が1,680万円

タイトルを見て、これは日本のことじゃないとすぐわかったことでしょう。そうです。これはロシアの首都モスクワの話題です。遂にここまで来ましたよ、皆さん(大笑)。これなら納得でしょう。世界一物価の高い都市で彼等が暮らしていける訳が。 しかも給与の年間アップ率が60%とは驚きの極みですね。もうバカげてるとしか言いようがない。1,680万円とは、日本では一部上場有名企業の部長クラス以上の人の年収でしょう。高給と言わ...

Read more

これだけは覚えておいて欲しい

国際結婚相談所に問い合わせる皆さんの中には、欧米やロシアの女性達と交際経験や同棲経験を持つ男性がいたりしますが、彼女達に接したことさえない男性の方が圧倒的に多いのが現実です。それでも白人女性との結婚を考える人達には、是非覚えておいて欲しいことがあります。それは、概して白人はプライドが高く人達であることです。自分が原因で相手に怪我をさせたりすれば素直に謝罪するでしょうが、問題の場面は意見や価値観が衝...

Read more

復旧しました

当社HPは思いの外早く復旧しました。既に通常通りご覧いただけます。...

Read more

サーバートラブル

サーバートラブルのため現在サイトをご覧頂けません。修復まで2日お待ち願います。それまで以下をご覧下さい。但し女性データは復旧後になります。御迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません。 http://users.mswave.com/~trecs/harmony/index...

Read more

一方的な理想だけで結婚が永続するだろうか?

理想の結婚生活を語る方の話を耳にすることがあります。これは昔も今も全く同じことですが、多くの方のそれは男性中心的なものであることに気付きます。「女性は、自分が日中働いている時はしっかり家を守って欲しい。」という表現に集約出来る気がします。結構でしょう。確かにロシア女性なら家事・料理・洗濯などは当たり前のようにする人が多いのは事実です。しかし女性にも女性側の希望や理想があること、そしてそれに対して男...

Read more

日本人男性最大の弱点

日頃からよく「己を知って欲しい」と言っていますが、これは何も己の容姿や資質(生活力など)のレベルを考えろと言っているばかりではありません。己の長所も同時に把握すべきだという含みもあります。他国の男性に比べて日本人が決定的に劣るのは自己アピールの下手さです。転職をした時には新入社員になりますが、既存社員の前で自己紹介をする場面に遭遇したことのある人もいるでしょう。下手過ぎます、皆さん。出る杭は打たれ...

Read more

女性が送るサインや仕草には敏感になれ

あれは‘97年頃だったろうか、もうじき来日している女性が男性と一緒に来るとエージェンシーの運営者が言うので、その二人と外で合流することになりました。すると向こう側からそれらしき2人がやって来ました。しかし何か様子がおかしい。2人の間の距離が異様に空き、しかも互いに口をきかず、歩調も全く合っていない。それは傍から見ればとてもカップルと言えるような二人ではありませんでした。後で聞いてビックリ。女性は...

Read more

考えてみれば野球によく似ている

皆さんの活動を野球のゲームに見立てると、皆さんは云わばバッターで女性がピッチャーでしょう。ピッチャーが投げる球種や球質はピッチャーによって様々です。球質の重いピッチャーも軽いピッチャーもいます。直球中心タイプもいれば変化球タイプのピッチャーもいます。 第一打席(=初回の渡航)でホームランを打つ人もいれば、空振り三振で終わる人もいるでしょう。1累打、2塁打、または3塁打を打ってそこからホームを狙う...

Read more

初回セミナー無事終了

昨日は第一回セミナーでした。ZAKS (http://www.zaks.jp/) のアリョーナさんと私とで、予め用意されたプログラム通りに進行致しました。また、アリョーナさんのご家族(日本人の旦那さんと可愛い娘さんのヒメナちゃん)にも一緒に出て戴きました。時間は3時間と十分なはずでしたが、結局まだ時間が足らなかったような感が残りました。次回はこの辺をもう少し考えてみることにしましょう。 カップリングとはお互いが“惹...

Read more

これは当たり前なことじゃないですよ

ミーティング一本アレンジすることは実は簡単なことではありません。女性の都合を付けることが大変であることと、打診を受けている男性に対する印象の確認作業があります。また、現地がホリデーシーズンであれば尚更大変です。入ったミーティング一本一本を大事に取り組んで欲しいと思います。 提携先ZAKSのアリョーナさんのブログにも書いてありましたが、ウクライナに限らず、一般のヨーロッパ女性達は、外見や文化の異なる...

Read more

コケの一念、岩をも通す

念じる力(願望の力)と実現の関係に現代化科学が取り組んでいたことをご存知でしょうか?幾つかの興味深い実験例があります。 プリンストン大学の工学者ロバート・ジャンが12年間にわたって研究した結果があります。彼はコインをランダムに投げる特殊な乱数発生装置を電子技術で作りました。1秒間に数千回、本当にランダムに投げられる公平なマシンです。そのマシンに向かって人間が裏か表か、自分が好む方にエネルギーを送...

Read more

質問力というスキル

先日問い合わせがあったある方から「御社の値段はホームページに出ている通りですか?」という質問を受けました。とりあえず「ええ、そうですよ。」と答えてはおきましたが… ホームページに出ている通りでなければ何が本当の値段なのだろうか??? こんな質問は初めて受けました(笑)この方と電話で15分位話しましたが、何か要を得ないよう質問ばかりが耳に残りました。 会社で仕事が出来ると言われる人は、例えば...

Read more

ロシア女性が国際結婚を望む正当な理由

ここのところ多忙が続いており、疲れが出ていました。数日空いてしまって申し訳ありません。かつてある男性が「気に入ってもらえる自信があります」と事前打診前に言ってきたことがあります。何が彼はそんなに自信があるのかと言えば、恐らく察するに彼がもつ社会的ステイタスと資産であろうと想像出来ました。世の全ての男性達が望む“良質な女性”はそんなことでは靡きません。彼に対しては、面接以降のやり取りで段々...

Read more

白人妻を得るつもりなら大らかな男性たれ

<Offer to pay on a date> One of the most unappealing traits women find in men is being stingy. Don't let this be the last impression she has of you at the end of the night. 上記は、オーストラリアの国内結婚相手紹介所の運営者(白人女性)が白人男性達にアドバイスしている事柄です。 意味は、「女性が男性に対して最も幻滅する瞬間は、その男性がケチに見えた時。デートの間、彼女の貴方に対する最終印...

Read more

過去にいたとんでもない男性達(その2)

“その1”は笑いながら読まれた方が多かったでしょう。いや、あれとて本当は笑い話ではありません。あのI氏のために日本人の評判を極端に落としたわけですから。I氏たった1人のために女性達が「日本人」と会いたくないと言われたらそうでしょう。後に続く男性達はたまったものじゃありません。本日の“その2”は笑うことさえ出来ない話です。 埼玉県在住の床屋でTという人物がいました。この男がサン...

Read more

過去にいたとんでもない男性達(その1)

大阪市在住のある男性(当時53歳)I氏の話です。あれは確か1997年の秋頃だったと思います。彼はサンクトペテルブルグに飛びました。行かなくても良かったのに。この人が飛んだために後に続いた人達がどれだけ迷惑したことか… 「同じ日本人」と言う理由だけで。 現地エージェントのお迎えの車が彼のホテルに来ました。ところが彼がいるはずのロビーにいない。ホテルに呼び出してもらい、彼は引きずられるようにロビー...

Read more

面接とは入会審査、入会審査とは人物審査です

本日5/2(金)15:30に面接予約が入っていましたがすれ違いに会いました。こんなことは今回が初めてです。その方は5/3(土)のつもりだったと電話がありましたが、私は「5月2日」を電話で話しながらリアルタイムに記録していたのですが、それでも間違いが起こりました。予約を入れられたのは4月13日。予定日の今日から19日も前です。私だったら前日に最終確認の電話を自分から入れます。今回はこちらの方から留守電に確認の依頼を...

Read more

セミナーのご案内

今日から5月です。お互い、加齢とともに時間の経つのは段々早く感じるようになってきていませんか?人生の節目は3つあると言われています。それは、受験、就職、結婚です。当欄読者の皆さんは先の2つは乗り越え、あとは最後のハードルである結婚だけだと考えられていることでしょう。 ロシア・東欧・カザフスタンを扱う国際結婚のAgency Harmony のHPとウクライナ・ロシア他、この先多くのエリアを手掛けて行かれる、当社提携...