ドメイン

日本人男性に、可能性のあるヨーロッパエリアは?

皆さん、お元気でしょうか?
日本は梅雨の真っ只中なのでしょうね…
こちらスイスも今週は、冬に戻った様に寒い日が続いております。。。
眼前のアイガーには、また雪が積もってちょっと雪景色です。
つい先日、語学堪能な会員Aさんと数時間お話して、
その翌日に、これまたヨーロッパ駐在の会員Bさんとも数時間にわたりお話致しました。
御二方とは大変久しぶりだった為、大変有意義なお話を色々とさせて頂き、
楽しい時を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
今日は、その御二方AさんBさんとの話題の中から、
事前にBlog掲載に関しては同意頂いておりますので、数回にわたり順次お伝え致します。
まず、AさんBさん達との話題の中で、ヨーロッパ女性との交際の難しさについて出ましたが、
御二方は身をもって経験していて、大変良く理解していらっしゃる様子でした。
やはりヨーロッパ、特にEU加盟国はシェンゲン協定で、人の出入りが自由になりましたので、
女性達は自国だけでなく、他の西欧諸国男性との出会いも非常に増えました。
以前にも掲載しましたが、ホント!ヨーロッパは陸続き(英国は海を隔てますが~)の為、
何だかどんどん一つに纏まって来てるような感じがしますね~(パックスロマーナって感じですか?)
そんな中で女性達は、敢えてアジア男性を選ぶ理由もなく、まずはヨーロッパ男性からなんです。
そのような状況から、我々日本人男性には大変難しい状況であると思います。
たぶん、アジア男性でしたら一芸に秀でているか、何か顕著な才能や経済力等が有れば別でしょうが…
そこで…AさんBさんと話をしていて、
『そうなると日本人男性に、可能性のあるヨーロッパエリアは?』となりますが…
今考えられるのは、やはりロシア・ウクライナなど旧東欧諸国ではないかと言う意見でしたね。
例えばロシアでしたら、我々からすると厄介なのがVISAなのですが…
このVISAがある事によって、かえって他国男性も簡単に渡航出来ない訳ですから、
EU諸国よりは圧倒的に他国男性の出入りが少なく、
ロシア女性達の出会いもEU諸国の女性達よりは少なくなっています。
そして、ロシアは結婚適齢期の女性数が男性より圧倒的に多いですから、独身女性も数多います。
この為、余談ですが…会員女性では入会してから、一度も声が掛からない女性も出てきたりします。
ロシア女性からすると自国男性には2大悪!女癖と大酒飲み!がありますから、
日本人男性の様に、勤勉で真面目である点は、結婚をする上で女性にとっては安心感が有り良い点だと思いますよ。
だからと言って、他国男性が全然訪問していない訳では無いですから…
以前にも記載しましたように、まずは渡航して出会いの機会を作る事でしょうね。
彼女達からすれば、実際に会いに来てくれるという事が何よりも嬉しい事ですから…
皆さん!もっと気軽に出掛けましょう~
次にウクライナですが、こちらはZAKSマンが現地情報など詳しく掲載しておりますが~
私はヨーロッパ在住数十年の日本人マダム(この方はご主人がヨーロッパ男性です)から聞いた話を…
そのご主人がマダムに話した事によると、
『西欧諸国(特に工業国)の女性は非常に上昇(キャリアー)志向な為、大変難しいと思うよ』
『その点からするとウクライナは農耕国なので、日本もかつては農耕国であった様に、
メンタルな部分で、ウクライナ女性と日本人男性は相性がすごく良いと思うよ!』
『例えば、西欧諸国の女性は自己主張が非常に強いが、ウクライナ女性は男性をちゃんと立てるし』
『男性を対等では無く、一家の主として見てくれるようだよ』との事でした~
確かにそうかもしれませんね…日本でも昔は『家長制度』みたいなものが有りましたからね。
今、スイスの田舎に暮らしてみて、
switzerland_RS003_20090624064419.jpg switzerland_RS007.jpg 
ここも酪農が盛んですから~すごく分かる気がします。
滞在先のご夫婦(結構ご年配で建築会社の社長さんですが…)などを見ていると、
ご主人が結構頑固おやじ系(笑)で、奥さんがそれに従っていると言いますか、
一歩引いて、すごく立てている感じが伝わってきます。スイスは西側諸国ですが、
やはりこれも、じっくり滞在してみて、このご夫婦とも2ヶ月間顔を合わせて見て分かるのだと思います。
たぶん、一時旅行で来ているだけでは感じ取れない、ちょっと深い感じのものだと思いますね。
多分、欧米などの工場国でも田舎の方(酪農・農耕エリア)とかはそうかもしれませんね。。。
そう!このご夫婦からも『結婚』についてのヒントが得られましたので、それはまた今度お伝えしますが…
今回の話題の1つでは、日本人男性が白人女性との成婚に可能性のあるエリアは?!と言う事でしたが、
実際に綺麗事では無くて、残念ながら日本人男性を受け入れやすいヨーロッパエリアは限定されつつあると言う事でした。
勿論、私は今後もリサーチを続けて、更なるエリア拡大は図りたいと思いますが、
日本人男性とっては、西側先進国となると厳しい現実がある事もご理解頂きたいですね。。。
次回も、会員さんとの話題の中から、日本人男性が渡航前にすべき心掛け等をお伝えできればと思います。
あくまでもBlogではヒントに止まりますが…詳しくは、会員の方々に!!
それでは~アデ~
switzerland_RS013.jpg 
国際結婚 ロシア Harmony
ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサーサイト