ドメイン

40代~50代男性!ガンバレ!

皆様、如何お過ごしですか?この夏に出会いはありますか?
お陰さまで、この8月にはサンクトペテルブルグ等に渡航される方々が、
多数いらっしゃいます。この夏、会員の皆さんには、
是非良い女性にめぐり会って頂ければと思います。
そこで今回は、特に最近お問い合わせやご入会頂く方々の多くが、
40代~50代前半という事を踏まえ、
Blogをご覧の方々に、今後の参考になればと思う事をお伝え致します。
まず40代~50代男性方々の多くが、希望されますのが20代~30代前半女性です。
私の経験では、日本の結婚紹介所(日本女性)では、
まず40代~50代男性に20代女性を紹介してくれる処は、殆ど無いであろうと思います。
その点で、この国際結婚、特に東欧諸国を中心としたHarmonyでは、
20代女性と出会うチャンスが十分にあり、交際が可能だと言う事です。
但し、皆さんが希望される当社Web掲載女性は、
やはり特定の女性にかなり集中する傾向にあります。
特に誰が見ても、奇麗な女性に集中してしまいますね。これは、掲載している女性が、
当社で日本人男性の傾向に合わせてUPしているので、致し方無いの事ですが…
(掲載していない女性が、サンクトペテルブルグには更に多数いますので、
今後はもっと色々な女性を掲載しようと考えていますが…)
しかし、こうも偏るものかと思います。ある面かなり、
日本人男性の傾向を把握しているという事なのですけどね。
そして更に、夏休みや冬休みそしてGWなど、渡航時期もどうしても集中しがちです。
そうなりますと、特定の女性とのMeeting競争率が非常に高まります。
運営側から見て思いますのは、交際まで発展する方と交際まで発展しない方の大きな違いは、
この希望女性に拘るか、拘らずフレキシブルに対応するかの違いだと思います。
希望女性に拘ってばかりいる方は、正直に言って難しいでしょうね~
当然女性側も男性を選ぶ訳ですし、上記のように集中すれば尚更ですね!
やっぱり、誰が見ても奇麗な女性はそうそう簡単にはいきません!!
では~希望女性とは全くダメかと言うとそうでも無くて、
時期をずらしたりして渡航を計画する戦略も一つです!
渡航までにメールで繋ぎ、2ヵ月以内に会いに行くという方法もありです。
今回新しいサンクトペテルブルグ限定企画!
TRIALコース(終了致しました)を利用して出会える可能性はあります。
ま~前提としては、女性に気に止めてもらえる男性と言う事なのですが…
チャンスはあります、あきらめず頑張りましょう!
(その為に男性も、見た目は気を遣って下さいね!自身の写真写りなども、ほんと重要ですよ!)
では、時間に制約のある男性の場合はどうすれば良いかと言うと…
(殆どの日本人男性がそうかも知れませんけど~)
この希望女性に拘りを持ち過ぎると言うのが、出会いのチャンスを逸していますから、
フレキシブルに対応すれば、かなりの確率で良い女性に出会える可能性があるという事です。
このフレキシブルとは、現地からのオファー(女性側からの申し出)も積極的に、
受け入れる事だと思います。(成功への近道かもしれませんよ
サンクトペテルブルグには、当社掲載以外に1,000名以上の女性がいますし、
現地担当者のセルゲイさんにも、日本人男性が選ぶ女性の傾向を伝えてありますので、
結構侮れないですよ~拘ってばかりだと折角の出会いのチャンスを失いますよ~
では、どんな女性からオファーが来るのか?と言いますと…
今回参考までに掲載する女性達は、
8月に渡航する40代後半男性達へセルゲイさんから届いたオファー女性達の一部をご紹介しますね。
どうですか?気になる女性はいらっしゃいますか?私は勿論、全員OKです!!
会ってみたいですね。。。女性は画像だけでは分からないんですよ~実際に会ってみないとね!
この様に、一部当社で掲載していなかった女性達の中にも、
まだまだ奇麗な女性は沢山いるのですよ~
ですから、掲載女性だけに拘らず、そして希望女性だけに拘らずに行動しませんか?
そうすれば、あなたにもきっと素敵な女性との出会いが訪れると思いますよ。
蛇足ですが、Platinumコースですと女性の動画もご覧頂けます。
動画はリアルですから、かなり感じが掴めますよ~
(声や英語の程度、そして何よりも!全身が見れますから、スタイルのチェックにもなりますよ!)
それでは!アデー!チュース
0380_1.jpg0385_1.jpgprof_361_0.jpgprof_337_0.jpgprof_213_0.jpg
国際結婚 ロシア Harmony
ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ
    

スポンサーサイト