ドメイン

ロシア人女性の金銭感覚

ロシア人女性と成婚された方が一様に悩むのは、彼女達と我々との金銭感覚の違いです。
概して日本人やドイツ人はとりわけ金銭感覚がしっかりしており、無駄なことは慎みます。
ドイツ人に至っては、彼等のその一直線的思考に基づく徹底的に無駄を排除しようとする思考性は日本人の比ではありません。一方当のロシア人はというと、基本的に値段の安いものではなく高いものを買おうとする傾向が見られるため、彼女達の旦那さん達を苦しめることが少なくありません。彼女達の頭の中は「安かろう悪かろう」が定着しており、上手に買い物をすれば値段が然程高くなくとも良い物にもめぐり合える可能性がある日本とは異なる環境で育ってきた結果だと思われます。いずれ時間の経過とともに慣れで解決する問題ですが、結婚当初はそういうことに遭遇する確立が非常に高いことを予め覚悟して対処の準備をしてお区ことをお奨め致します。これは美人を奥さんに貰った代償だと思い、最初のうちだけの試練と思って下さい。もし、そうならなかったら幸運です。対処といっても決してスパルタ式に鍛えようと思ってはいけません。彼女達には”教える”といった態度は有効ではなく、日本人のように「貴重なアドバイスをありがとうございました」などという控えめで謝意を込めた反応はまず期待できないからです。怒鳴りながら”教える”などという行動は論外で、むしろ破局への道を歩むだけになるからです。この場合あなたならどうするか一度考えてみて下さい。キレ易い人はロシア人女性との結婚は向きません。財布の紐を締め付けることもダメです。ロシア人女性に限らず、白人女性が最も嫌うタイプの男性はズバリ”ケチ”(もしくはお金にうるさい男性)です。すなわち、あれは高いこれも高いと言いながらギュウギュウ絞り上げるような行動も彼女達から単に”ケチ”と思われるだけで、後になってから何を説明しても恐らく聞く耳さえ持たないことでしょう。彼女達の自国の白人男性たちは概して気前が良いため(例外は勿論あります)、彼等と比較した目で見られるためあるタイプの日本人男性には不利に働いたケースが時折過去にも見られました。決して湯水のようにお金を使ってはいけませんが、極端な”ケチ”になってもいけません。二人で中庸を求め、定着させるよう努めて下さい。
これは先人からのアドバイスです。

国際結婚相談 Harmony 運営者
スポンサーサイト