ドメイン

ロシア人女性の金銭感覚 2

結婚後は、遅かれ早かれ慣れて調整されていくことですが、ロシア女性との交際中には
直面することになるであろうと思い書きます。
基本的にロシアを含めたヨーロッパではデート費用は男性もちです。ここまではご理解して頂いてると思います。
7月10日の運営者日誌で 「チェコ人女性はデート時に男性の出費に気を遣っている」 と書き込みました。反対にロシア人女性は全くこれを気に掛けていません。ゼロです。これはよく注意して下さい。これで彼女達の母国の社会は廻っているのです。
例えば、貴方のロシア人の奥様が主導権をとって彼女の友人達と何か大きなパーティーを主催するとしましょう。彼女はその費用は全て貴方の懐を当てにしているはずです。
事前によくコミュニケーションをとり、2人の間でコンセンサスをとっておかないとトラブルの種になる可能性が大です。
彼女にしてみれば極当然のことかもしれませんが、支払い場面になってからそれがわかったら、きっと貴方は納得がいかないはずです。しかし、「日本ではこんなやり方はしない。日本ではこうだ。郷に入れば郷に従え。」などと蓋が開いてから言っても口論になるだけ。
彼女は恐らく「そうだったの。わかりました。すみませんでした。」などとは決して言わず、貴方が興奮して言えば言うほど意地になって徹底的に自論を通そうとするだけでしょう。
このような事態を回避する方法論はあります。要は彼女は、貴方が毎月いくら稼いで来て、生活コストがいくら掛かっていて、自由に出来るお金がいくら残るのかを知らないのです。成婚した暁には是非それを教えていくところから入っていくことをお勧めいたします。私の場合は家計簿を一緒につけていました。これは当たりました。
実にスムーズにTake off出来ました。ですが、いかにも”教える”という態度は禁物です。あくまで”一緒にする”が基本スタイルです。

東欧 ロシア 国際結婚相談 Harmony 運営者
スポンサーサイト