ドメイン

もう通訳は要らない!?

これまでお見合い時の通訳料は日本語・ロシア語の場合、US$20-25/時間が相場でした。
チェコでは35EUR/時間。本日あるところからきた見積もりは何とUS$52~150/時間。
驚くのを通り越して笑ってしまいました。

このお見合い時の通訳サービス。長年この世界を見てきて思うところが無いわけではありません。
私ははっきり言って例え英語が不得手でも通訳は無い方がいいと思います。何故だと思われますか?通訳を介しての会話は通訳の方ばかり見て話すことになります。本当のお見合い相手の女性とは間接会話なので親近感が沸きにくく、また通訳も多くは女性でまた美人揃いなので極端なケースでは通訳の女性に惚れてしまう方が少なくありません。男性も簡単に目移りもしてしまいがちです。結局通訳を入れてのお見合い後の感触は「通訳とたくさん話したなあ」という気分。7/14に私が書いた「話せば話すほど好きになる」の法則(?)がこういう場面でも効いてきてしまうことがあります。いや、そこまで行かなくとも肝心のお相手女性とは何となく直接話し難い雰囲気を引きずることもあります。一度通訳を入れると相手の女性もこちらに対して言いたいことを必ず通訳を介して伝える習慣が付いてしまい、いつまで経っても直接話さないから
「話さないから好きになれない。」の法則(?)が働いてしまい、2人の関係の発展を阻害してしまいます。たとえ英語がうまく話せなくとも、電子辞書を片手に知る限りの語彙で直接相手とコミュニケーションをとろうとする姿勢の方が好感が持たれるでしょうし、有効だと思います。交際が順調に前に進めば、いずれは彼女を本邦に招待することになります。その時はもう完全に2人きりです。いや、それまでに連絡を取り合って関係を繋いでおかねばなりません。その時点から既に2人きりの世界は始まっています。今後は通訳の無いお見合いに極力望んで頂きたいと思います。それはコスト面からのみでなく、もっと実利的な意味からそう思います。

東欧 ロシア 国際結婚相談 Harmony 運営者
スポンサーサイト