ドメイン

女性たちはバランス意識をもっている

私達日本人は、人間は皆生まれた時は平等に出来ていてその後の差は当人の努力によって差がついてくるのだと学校で教えられてきました。そしてその後、それぞれの人生を歩んでいく中で学校時代に先生が言ったことが事実ではないことに気付き始めます。人間の能力や資質は平等ではありません。その潜在能力、ある人は音楽の才能に優れているかも知れません。またある人にとってはそれが数学かも知れません。体操かも知れません。生まれ育った環境、持って生まれた容姿も然りです。恵まれ方に最初から差があります。 このことはもう私達の年代になれば恐らく誰も否定はしないでしょう。能力に関しては、日本でも戦前は飛び級制度があり、能力の高い人は他人より早く先を歩ませて英才教育を行なっていました。堂々たる差別的制度です。今の時代にこれを行なえば恐らくPTAは「差別だ。」と言って怒ってくるのではないでしょうか。完全に戦後の教育に洗脳されてしまっていると思います。万人が生まれた時から生きる上で平等に配分されているのは”権利”だけです。 海外では、人間は初めから平等には出来ていないという前提の下に社会構造があります。そうなると人間がとる自然の行動は、能力や資質や趣味や境遇が似通った者同士が群れを作ること。均衡化された一つの世界に身を置くことによって居心地の良さを得ようとします。勉強の出来る人は同じように勉強好きの仲間との交流を望むでしょうし、サッカー好きは同じくサッカー好きと。 女性のプロフィールを見ていても、自分の資質とのバランスを求めるようなコメントが見受けられる場合が時折あります。原文では”same quality"という言葉がよく使われています。彼女が自分を美人だと思っていればハンサムな男性を求めるでしょうし、自分を頭が切れる人物だと思っていれば同じように頭の良い男性を求めるという意味です。日本は諸外国に比べると比較的この”均衡”は崩れている国だと私は思います。在日外国人女性達の中にも同じことを言っている人がいます。 日本人男性は相手の女性選びに関しては、重点を外見に置く人が多いことは従来から私はよく知っています。否定はしませんが、ただ自分とのバランスが著しく崩れないようなお相手を選ぶことをお勧め致します。口にしなくても、美人は自分が美人だということを知っています。男性はいつも自分が相手に求めることばかりを口にしていますが、相手にも選ぶ権利があることを忘れてはいけません。少し位調整したところで美人は美人に変わりありません。


 東欧 ロシア 国際結婚相談 Harmony 運営者


FC2ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト