ドメイン

自立した女性

洋の東西を問わず、自立した女性は色々な見方や言い方ををされます。私の友人の白人男性達は好ましいと思わない女性を表現する時にも 「彼女は全然女らしくない。」という言葉を平然と発します。海外ではよく男性が複数の女性から最後の1人を選んでいくTV番組があります。番組の中である女性を落とした理由を男性にインタビューする場面でもその男性は「やはり自立した女性は傍においても落ち着かない。好きじゃない。」と女性の聞こえないところではっきり言っていました。 フェミニズムが浸透した国々では、さも女性の自立は素晴らしい事だと称える社会風潮を演出していますが、一般民衆、特に男性達の本音は違うようです。以前も書きましたが英国では女性達が過去を振り返り、フェミニズムが社会や家庭にもたらしたものを冷静に検証しているらしく、それはどうやら女性の自立は家庭を壊したのではないかという反省の雰囲気です。80年代に米国発DINKS(Double Income No Kids)という風潮が日本にも流れてきましたが、「女性は結婚しても子供を生まず夫と共に働けば収入は2倍、人生リッチに楽しめるじゃないか」という思想ですが寿命は短いものでした。今日死語と化しています。色々な思想や価値観がある日突然出てきますが、それに乗った人、乗らなかった人でいずれ明暗が答えになって出て来ているようです。英国の例からも私は、結局全ては元あった姿に戻っていくものではないかと思います。 チェコにも自立して成功している女性がいます。その中の1人に37歳の不動産会社を経営する女性社長がいます。しかも実年齢より若く見えるかなりの美人で、37歳にはとても見えない。興味が湧いた私は仕事としてインタビューを試みたのですが、「アブダビまで来れますか?」という返事。そう、彼女の会社は中東のUAEにあり、プラハではなかったのです。時々は帰国しているらしいのですが、自分の会社が外国にあり潰す気はないため、彼女の結婚条件はアブダビで一緒に生活出来る人。彼女と結婚した男性はアブダビで何をしていればいいのだろうかと私は考えましたが...そのためかなかなか条件に合うお相手が現れない。彼女にとって結婚は最後の目標。自立と成功との引き換えに彼女の結婚は他の女性のそれよりもハードルが高いものになってしまったのでしょうか?


東欧 ロシア 国際結婚相談 Harmony 運営者


FC2ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト