ドメイン

どうして誇りまで失えるの?

当社は白人女性を結婚相手候補として紹介する業者であることは今更言うまでもありません。更に先日も書いたように、何故ロシア・東欧の女性なのか、そのポリシーや理念もあります。無論東欧以外でも、良い女性がいる国は他にいくらでもあろうとも思います。しかし誤解して欲しくないのは、それは白人コンプレックスの上に立つ価値観ではないことです。白人女性を紹介するという他の出会い系サイトを見ていると、あまりにも残念に思うことがあります。それは病気かと思えるほどの極端な白人礼賛に走り、ご丁寧に日本人女性と白人女性の横顔写真の比較までサイト上で行ない、「ね、だから白人女性の方が美しいでしょ?」と同意を求めるような内容。これはナンセンスな比較です。よく見ると、写真の白人女性は彼等社会においても極上級の美人の写真を出しており、比較されている日本人女性の方はその辺のスーパーで買い物をしている時にザラに見かけるような普通の人を出している。どうせ比較するなら両方とも最上級の美人同士を比較しなければアンフェアである。おまけに貼ってあるリンクは白人女性の絡みの動画映像だったり数多の局部無修正画像を見せるサイトである。品格にも疑問を持ちます。白人女性に美人が多いのは事実だと思いますが、他人種にも美人はたくさんおり、アラブ人やペルシャ人、ネパール人やインド人など、また日本に限りなく近い東アジア人にだって平凡な白人女性よりも美しい女性はいくらでもいると思います。更に人種論の観点で述べても、日本人は事実は単一民族などではなく他人種他民族で構成されており、一人の女性の写真だけをサンプルに取り上げても日本人の顔立ちの特徴を論ずることなど出来ません。単に自分は白人女性が好きなのだと言えばそれで済むことですが、自らが非白人でありながら何故にあれほどまでに日本人女性を卑下否定する極論を惜しげもなく展開出来るのか理解に苦しみます。そこまで自分の帰属集団の誇りが失えるものなのか。ロシア女性は自分で自分のことを世界一美しいと言う女性が多いことを知る人は少なからずいますが、そんな彼女達にでも外見的コンプレックスは厳然としてあります。複数のロシア女性達、しかも前述のサイトの管理者が恐らく”美人”と認めるであろう女性達の口からよく耳にしました。聞くとそのコンプレックスの対象は意外にも日本人女性であることが多く、特にその肌への憧れ。このことがモスクワで資生堂化粧品が流行していることと関係しているかどうかは知りませんが、そんな彼女達でさえもある日本女性を見て美人だと思えば美人だと言います。美人はどこにだっています。ただここまでは単なる外見論。中身に至っては話はまた別です。何故国際結婚を薦めるのか、何故ロシアや東欧の女性がいいと思うのかはもう繰り返しません。現代日本人女性の心や考え方に苦言を呈したくなる人が多くなってきたためです。昔の古き良き日々の日本人女性、欧米男性達が憧れて賞賛して止まなかったあの日本人女性たちに巡り合える機会が激減してきたからではないでしょうか。最近は欧米男性達も段々とこの異変に気付き始めています。在日外国人でありながら、日本人ではなく同じ在日外国人の女性をパートナーに求める人が出てきています。"No more Japanese woman!" と日本人女性に失望したある西欧男性が他国出身女性を雑誌のクラシファイドで求める記事さえ見たことがあります。時代の流れというか変遷を感じます。80年代から90年代前半は日本人女性は謂わばバブル相場でした。欧米男性達は猫も杓子も”日本人女性”だったのに...また一部の日本人女性も調子に乗り、傲慢の極みの境地に達してしまったようでした。彼等欧米男性達が求めていた日本人女性達は私達の母親の世代からせいぜい若くて今の50代前半位の女性が若かった頃の女性像だったのではないかと私は思います。もしそうなら今の若い日本人女性と付き合えば待っているのは幻滅するのは当然です。現代の若い日本人女性は長い間、謂わば過去の先人の遺産で暮らしてきたようなもの。そろそろその遺産が底を着いてまた一から出直さなければならなくなっているのではないでしょうか。いずれにせよ日本人社会は一旦は壊れてしまったと思います。回復するまでの間、私達は年を取っていきます。狭い日本にパートナーを限定する必要など無く、現代日本人女性が失ってしまったものを失わないで維持しているロシア・東欧女性との恋愛を視野に入れてみるのも選択肢ではないでしょうかと提案しているのが私達のスタンスです。


東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者
FC2ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト