ドメイン

やはり今回も起こった番狂わせ

本日はカザフスタンのアルマティにモニターが1名飛ばれました。恐らく今頃は日本海上空でしょう。この方のお見合いは明日以降。人数無制限のところなので最終的に何人と会われるかは全く不明。非常に多忙な方のため、3泊という短い日程で行かれましたが、交際相手が決まった後は短くとも毎月でも飛べるという方です。この方も情報が入り次第お伝え致します。

 ところでプラハ渡航者の本命女性との最終お見合いが一昨晩終了しました。これもまた雰囲気は良好だったようです。それで結果はその本命の彼女を選んだのかと思いきや、現地からの報告によると彼の結論は彼を逆指名した彼女だとこのとです。こういうことは大変によく起こります。やはり写真はあくまで写真。経験者はよく知っていることですが、写真と実物との乖離はしばしば想像以上に大きいものです。いずれにせよ彼がそういう結論を下したのなら、後は随分と楽になったのではないだろうか。逆指名だけあって女性も気が乗っていたでしょうし、その場の雰囲気ははきっと他の女性よりは当然抜きん出ていたでしょう。全員とのお見合いを振り返れば最も心地良い余韻が残っている女性を選ぶでしょうしこれが賢明な選択だと思います。中には彼と類似のケースに該当しながらも、あくまで究極的な理想の女性を追い求めるあまり目先のチャンスを自ら潰し、再チャレンジしてもなかなかうまく行かない人も少なからずいたりします。受験、就職、結婚は人生の3大ターニングポイントと言われますので、自分がそのような決断の場面に直面すると悩むのはわかります。そういう場合、決断の根拠は自分と相手のバランスを”冷静に”判断することです。国をまたぐ恋愛相手との間にある壁はなるべく高くない方が良く、遠くにいながらも顔が見えやすいく声の届き易い相手を許容範囲の中で選ぶことが成功へのコツです。彼はまだ残日数に余裕があるので、是非その彼女とデートを重ねて2人の関係の基盤を作って来て欲しいと思います。


東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者
FC2ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト