ドメイン

カザフスタンモニター結果

本日はチェコの正会員さんとカザフスタンのモニターさんが帰国されます。チェコの結果は昨日の報告通りですが、カザフの方は纏めると下記の通りです。色々な問題が露呈されました。まず現地運営者からの報告です。

●土日が休めない方で終始平日滞在だったためにお見合いは夜しか出来ず、会えた女性は2名だけだった。それでもちゃんと事前に本人が選んだ女性であった。たとえ3泊でも土日を挟んでいたらもっと会えた可能性大。

●会えた女性が少なかったのは平日の問題だけではない。選ばれている女性が全員自分の年齢の半分未満(20代前半)だったため。選んでいる女性が男性の年齢(48歳)に比して若過ぎる。これに既述の”平日3泊”という悪条件が加わったため、余計に少なくなった。

●現地運営者が何かを伝えようとしても彼との込み入ったコミュニケーションは英語では無理と思い、日本語通訳を入れることを提案したが渡航者本人が断った。現地からは、「桁の違う高額所得者なのに通訳料金位のコストを渋るのは何故?」という良からぬ印象を持たれた。英語が不得手なのに通訳を入れなかったことで会えたはずの女性数が尚減った。ここにも女性の数が少なかった理由がある。

簡単な英語のコミュニケーションが出来なさ過ぎたため、ホテルにいる彼に伝達事項があってもどうせ通じないと思い、ホテルに電話出来なかった。(それで現地から日本にいる私にSKYPEで彼への伝達事項を依頼され、私から日本語で彼に伝えた。彼との通訳的な電話でのやり取りは3日間で実に10数回

 <総論>

1) 1~3については今更言うまでも無く、現地の女性達も働いているので土日を挟んで渡航計画をするのは基本。

2) モニターさんが中学程度の英会話も出来ないのでは困る。簡単な日常会話位は出来るという前提で派遣したはず。

3) モニターさんが海外旅行自体に不慣れでは困る。Ticket と Boarding Pass の違いに迷い現地空港職員との会話の通訳まで携帯で私がした。

4) このような悪条件下の渡航でも彼が会った2人の女性は彼との交際を望んでいる。さすがにお見合いだけは私は通訳せず、自分で頑張ったからか...?

 以上です。次回、モニターキャンペーンをする機会があれば(あると思います)、上記を参考にして御応募をお願い致します。

 東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者
FC2ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト