ドメイン

失敗のメカニズム

誰しも失敗はしたくありません。一度で決めたい...なんてこの力みが反って失敗のリスクを高めるのです。限られた日数の滞在で遠い外国に行くのですからその気持は理解出来ます。力みを出してしまう人は帰国後にも大きな共通の過ちをする人が少なからずいます。安易に時期尚早なタイミングで ”I love you.” と言ってしまうことです。こういう方はもしかすると映画の見過ぎなのでしょうか。映画は短時間でストーリー展開していくので、いとも簡単にこの台詞が出てくるように見えますが、映画のストーリーがもし現実の世界であれば、2人がこの段階に至るまではちゃんとそれまでに踏み固めた場面があったはずです。でなければ「胡散臭いことを言わないで下さい。貴方は私のことをどれだけ知ってるの?」と本当に声に出して言われてしまいます。これも実際にあった話です。一方男性の心理としては、帰国すると地理的距離が空くために心理的距離まで空いてしまうような気になり、相手を繋ぎ止めようとする思いの結果、ついこういう言葉が出てしまうのでしょう。これが非常にまずいのです。展開の早さは人によって異なるので、こういう台詞を出しても構わない場面が来るのも千差万別です。自然に出てくるはずの言葉なので焦らず自分たちのムードを冷静に読めばそのタイミングは掴めます。初期の段階は焦らず普通に電話やSKYPEやメールでコミュニケーションをとって時間を稼ぎ、再び直に会ったその時に進展を実感することなります。そして徐々にスキンシップが出てき始めるのです。
古い話となってしまいましたが、80年代半ばに金妻シリーズのドラマが流行ったあの時代、世の若い女性達の間で“おじさんブーム”になりました。本来なら明らかに恋愛相手にはなりにくいほど年齢差があるのに一部の若い女性達は中年男性に走って行きました。その理由の説明は「中年男性は若い男性に比べてガツガツ欲しがらないから」というものでした。ブームとしては過去のものになってしまっていますが、男性はやはり一定の品格だけは落としてもらいたくない、ただここぞというチャンスも逃してはならない、そう思います。車を運転する時に運転者が視界情報を先取りしているよう、交際開始後は前方をよく注意して進み、アンテナを張って雰囲気を読む力を磨いてほしいと思います。スピード違反は事故につながります

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ







スポンサーサイト