ドメイン

論よりエピソード

昨日の続きのようですが、相手の女性を外見だけで選ぶとどのようなことになるか一つの実例を記します。

11年前のサンクトペテルブルグでのこと。経験者は私自身です。ある女性を現地運営者から一押しされました。確かに美人でしたが私は彼女の顔の表情が気になり、正直あまり乗り気にはなれませんでした。終始一貫全く笑顔がなし。おまけに英語は下手。美人と言ったって他にいくらでも女性はいるのにと思いましたが、現地運営者の執拗な勧めに致し方なく折れ(皆さんはこんな妥協を絶対にしてはいけません)、交際を始めてみました。やはり自分の目を信じるべきです。彼女の口から出てくる言葉はそのまま彼女の思考形態を現し、尽くネガティブなものばかりです。何か提案すると...ここは英語でそのまま書きます。“How can I go there leaving my dog at home ?” 彼女は犬を飼っており、「犬を家に置いたままどうしてそんな所へ行けるの?」と言う。通訳に聞くと彼女は誰の提案に対しても ”How can Ileaving my dog at home?”。彼女の口癖でした。だから誰とも何も進展しない。更に美人であることを鼻にかけているような態度。歩く姿にそれが出ていたようにも見えました。気取る姿が全く可愛くない。通訳が「彼女は自分がそんじょそこらの女じゃないと思っているみたい。」と言うのを聞く前に私は初めっから乗り気でなく、やはり自分の目を信じるべきだと確信しただけの経験に終わりました。

この女性の結末は? その後ロシア男性のボーイフレンドが出来たが、得意の “How can I leaving my dog at home ?” で直ぐにお別れしたと後で通訳から聞きました。更に勤めていた銀行がロシア危機により倒産。職も失い散々な人生。通訳曰く、「あの娘は幸せにはなれないわ。」とのこと。私もそう思った。人間はポジティブに生きねば不幸を自ら引き寄せているようなものです。ただご安心あれ。美人が皆この女性のようではありませぬから。女性を選ぶ時は彼女達の顔の表情を見逃さないように。顔の造りの美だけでなく、裏に潜む性格を見抜いて下さい。少なくとも見抜こうとして下さい。そのためにはまず、笑顔の豊かな女性であるかを見て下さい。そして出来る限りたくさん話すこと。話すほどに相手が見えてくるし、相性が合うならそれに越したことはなく、話せば話すほどに互いが惹きつけ合うようになっていくでしょう。英語が達者な男性と英語が達者な女性とのミーティングに敢えて通訳は入れたくない理由はここにあるのです。

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト