ドメイン

結婚と年齢

昔は結婚適齢期と言われた年齢は男女ともに20歳台でした。時代がもっと暮らしやすければ今でも本当はそうだったかも知れません。今では40歳代以降で独身の人は男女ともにきっともの凄い数です。サラリーマンの人は職場を見渡せば一目瞭然だと思いますが、1990年以降、私も幾つかの会社に在籍しましたが、職場の30歳代以降の女性が結婚していたのを見たケースは僅かに一人だけです。いかにも外国人とは無縁ぽい、札幌出身の気品溢れる34歳超美人の彼女ただ一人。最高54歳の女性までいましたが、その彼女以外は全て独身でした。一方男性はと言うと、30歳代は“当然の如く殆ど独身。40歳代に入ると独身はぐっと減りますが、それでも必ずと言って良い程、誰かそういう人がいます。

ある時、本屋で見た本のタイトルが“40歳結婚適齢期説”とかだったと思いますが、分かるような気がします。忙しい、出会いが無い、給料が安くてお金があまりない…と言っているうちに気付いたらもう40歳という具合に時間の流れの速さに驚かされます。つまり結婚の準備に時間がどうしても掛かるようになったということではないでしょうか。社会が悪いからであって、多分皆同じ状況です。40歳過ぎまで独身でいること自体が決して恥ずかしく思うことではありません。我々の親の時代とは明らかにちがいすぎます。また時間軸を今に固定しても諸外国とは事情が違いすぎる面がこの国には多々あります。とはいえ、社会のせいであろうと何であろうと結婚していない事実には違いはありません。準備が出来た時が結婚適齢期、それで良いと思います。昔のように殆どの男女が20歳台で結婚出来た時代は、日本においては高度経済成長時代のこと。低位不安定経済無成長時代の今においては結婚適齢期は各人個別のものであると解釈すべきでしょう。

ちなみに当社に問い合わせ頂く方々は大部分が結婚未経験の40歳代であり、このところ50歳代の方も年末年始にかけて3名ほどお電話下さいました。そんな状況ですよ。

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト