ドメイン

白人男性の金銭感覚

従来、白人女性の生活コスト感覚についてはしばしば話題になってきました。問題は生活コスト感覚がノーマルであることとそうでないことを区別する線の引きどころです。いずれに感じるかは男性自身の金銭感覚も多分に左右することでもあると思います。

世の中は男と女で構成されていますので、白人女性の生活コスト感覚は白人男性のそれと繋がっているはずです。白人女性を語るより先に、白人男性の金銭感覚を私が知る限り今日は書いてみましょう。

私が自分の白人男性の友人達を見る限り、概して白人男性は財布の紐を緩める時と出費を控える時とのけじめのつけ方がはっきりしています。お金が無い時は控えめに行動しますが、あれば使う場面では比較的惜しげなく使う人達です。支払の場面でケチケチしたところを見せる人はあまり見たことがありません。「概して」ですので一部の例外はこの際無視して書いていますよ。場面にも依りますが、少なくとも彼等と飲みに行ったり外食する時は、後で電卓を叩いてワリカンにするというやり方よりは、最初は相手がまとめて払い、次の機会には自分がまとめて払うというようなやり方が結構一般的です。その方が互いの気持ちを交換し合えるからです。

例えば友人の国オーストラリアでは立ち飲みバーなどでその都度 “My shout!”(ここは俺の奢りだ)と言いながら順番に支払い役が回ったりする文化もあります。但し気をつけておかねばならないのは、オーストラリアに拘わらず、アメリカを除く白人国では誰が超過払いをしているからバランス調整するとかの細かい精算が後で付いて回るような行動は通常あまりありません。日本の飲み会などと違い、彼等は至ってそういうところは大らかな印象があります。日本人でも金銭に細かい人や、反対に大らかな人、色々いますが、日頃常に頭の中でコストを記帳しないと気が済まない習慣のある人は、白人女性とのデートの中では注意を要すると思います。白人男性達は一般的にいわゆる気前が良く、彼女達はキチキチした金払いの男性にはあまり魅力を感じていません。特に自分の男には周囲を包み込むような大らかさを見たいと思っているであろうことは、白人女性(一部の国は除き、特に欧州方面)と一緒に暮らしたことのある男性なら頷ける人が多いのではないでしょうか?これも彼女達が一つの指標にしている男性らしさの一面です。こういうことは正しいとか間違っているとかというレベルの問題ではありません。彼女達が自文化の中において身につけてきた価値観に過ぎないからです。海外では女性達にケチだと印象付かれないよう上手に行動をとって下さい。彼女達の自国の男性達と比較されていることを忘れないようにね。

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト