ドメイン

英語力の諸外国事情

日頃私は英語、英語とうるさく言っていますが、本当にこればかりは全くのゼロでは活動はどうにもなりません。

渡航先が白人国であるために、英語と聞けば構えたり怯んだりする人がいるのかも知れませんが、ロシア人やチェコ人またその他の非英語圏の国々の人達の立場からでも英語は所詮は外国語に過ぎません。皆さんと同じお土俵の上です。昔から一部の理屈好きな向きは、英語圏でなくとも彼等の言葉はインド・ヨーロッパ語族で英語と兄弟言語であるので、英語の勉強には有利で楽であるなどと言っていますが、それを言ったところで何になるのでしょうか?日本語を母国語とする自分がなかなか英語が上達出来ないことへの理屈付けと正当化をしているに過ぎません。有利・不利があるとしてもそれは日本人に生まれた我々の宿命であり、ゴールが同じである以上何の役にも立ちません。また、その有利・不利説も妖しいものです。ヨーロッパ人でも一般的にはそうそう英語が格別に上手い人に出くわす機会はそう多くはありません。ロシア人に至っては尚更です。

特に貿易商社に就職したサラリーマンで、学生時代は飲み会やマージャンに明け暮れて英語を全く勉強してこなかった人は残念なことに大変多く、そういう人達は職場に入ってから現実に直面して慌てて勉強することになりますが、その時に注意してもらいたいのは必ず英語を母国語とする人の英語を習得して欲しいということです。同じ白人でも非英語圏の人達の英語は手本にはなりません。理由は既述の通り。彼等も100%正しくは喋りませんから…

今から英語を独学する人たちにお勧めする教材はリンガフォンです。これは実によく出来ている教材で、音声だけ聞いていればもしかすると冊子のテキストを一度も開かなくても良いくらいに耳から覚えられるように構成されています。以前は大手書店の中にそのコーナーがあり、選任スタッフが常駐していましたが今は撤去されてしまいました。しかし会社はまだ存在していますのでインターネットで覗いて教材を選んで買ってみると良いですよ。そしてベッドに入って寝る時に聞く。また電車に乗っている時に聞く。独学としてこれは絶対に早道です。昔、ロシア人にも勧めたことがあります。

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト