ドメイン

男性からの誘いかけに素直な女性達

私は学生時代を福岡市で過ごしました。出身は九州ではありませんが、そこに住み始めて印象的だったこと、それは男性の女性に対するアタック攻勢が物凄いこと。つまり九州男児の押しの強さです。当地の男性から見れば当たり前のことでしょうが、余所者の私から見ると九州の男性の押しの強さは一際です。自分で「いい女だ」と思えば“空かさず”アタックする。彼等は一度や二度女性に断られても平気で、目当ての女性が落ちるまで向かって行くという兵達です。“落ちるまで”というのは、女性達も直ぐには落ちてくれないということです。一度や二度誘われたくらいで女性が直ぐにはついて行かない、そんなこと女としてはしたないという考えはもしかすると日本独特の文化なのでしょうか。九州在住時代、「俺は絶対あの彼女を落としてみせる」という台詞をよく聞きました。本当に落としていたから立派な予告ホームランです。

白人女性達は男性からの誘いかけに対し、相手の男性の印象が悪くないならもっと素直に誘いかけに応じてくれると思います。そんなに回り道を通る必要はなく、男性からも素直に相手に対する気持ちを伝えてあげれば良いだけです。いやむしろ、誘ってもくれない男性はどこかおかしいのじゃないかと逆に心配されるのです。昔、イタリアから来たアダ・マウロという女性タレントがいましたが、彼女がテレビでそう言っていましたね。

初期のデートは謂わば互いの相性テストのようなものです。結果相性が合わなければ交際を止めればいい、ただそれだけのことです。あたかも儀式のように3回位は口説きに来てくれなければYesと言ってあげないとかいう、昔九州でよく聞いた回りくどくも面倒な駆け引きの話は白人女性との間では不要です。彼女達はその意味においてはもっと楽ですよ。世のプレイボーイ達は女性を口説くプロセスが楽しいのでしょうが、それは自信がある輩達の話。最近の普通の男性は傷つき易くなってもいる人も多いと見え、失敗するかもしれない不安があるような賭けには走りたくなさそうにも見えます。特に高学歴や社会的成功者などはそれなりにプライドがあるはずであり、自らのプライドが傷つくことを恐れてはいないだろうかと思えなくもありません。しかし、それでは何事も起こりません。虎穴に入らずんば虎子を得ずと言いますでしょ。確かに一般的に日本人女性はある意味で面倒で厄介なところはあると思います。その部分の厄介さだけを避けて白人女性に向くのならそれはそれでも良いかも知れないと私は思います。少なくとも断られて傷つく(ちょっと情けない話ですが)リスクはこちらの方が低いでしょう。但しいつも私が言う“国際結婚の要件”を満たした上でならの話です。その後のプロセスは日本人女性も白人女性も変わりませぬから…“国際結婚向き組”の要件を満たしてさえいれば日本人女性が相手であるよりも遙かにスムーズに事が運ぶであろうとは言えると私は思います。

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト