ドメイン

ここは信じなさ過ぎる人が一番損する世界です

何事も安易に信じ過ぎるは確かにトラブルに巻き込まれるリスクを高めてしまいます。しかし、いつまでもいつまでも警戒して静観ばかりで一歩も踏み込めない人はもっと問題です。何か一つの目標に向かって進んで行こうとする場面においてイザの踏み込みが出来ないということは人生のチャンスを掴むということにおいては致命的なことです。チャンスに気付かずチャンスを逃し、後悔することにもつながりかねません。人が何か新しいことを自分の中に受け入れるまでは必ず懐疑から始まり、不安を経てようやく確信に至るというステップを踏むものです。この国際結婚相談業界は、過去に信頼出来る業者があまり多くなかったことにより、なかなか懐疑や不安から抜け出せないクライアント予備軍を多く抱え込んでいることに日々の業務を行っていて気付きます。先日もデスティナ・ジャパンのようなことがあったばかりです。

しかし、しかしです。事前に業者とよく話した上で、どこかで信頼して踏み込んでいかなければ何もことは起こりません。警戒モードばかりではダメです。「こんな事件ばかりでいよいよ不安だなあ」ではなく、逆にデスティナのようなことが起こった直後だからこそ、問題の大きさを認識して襟を正す業者が見えやすくもなるわけです。そのような視点を持ってあくまで前進すべきです。この10数年余りの間、この業界のクライアントで今日までに成婚した人は事実いくらでもいるわけです。またいつも言っているように、途中で躓いた場合、原因は必ずしも業者にあるとは限りません。率直に言ってクライアントサイドに原因がある場合の方が多いと思います。問題の取り違えをしていらっしゃった方も、少なからず自分のクライアント時代に見てきました。日頃から言っているように、国際結婚には向き不向きがあり、一定の資質や条件をクリアしていないと、どんな優良な業者を使ってもダメです。業者の選定と合わせて御自身の今日までの認識も当欄で日頃述べていることと照らし合わせ、向き不向きについては事前に自己チェックされることをお勧め致します。

ようやく確信した時には、料金が大幅に跳ね上がっていたり、時代が流れて女性側の条件が厳しくなっていき、敷居が高くなっていたりするものです。人生においては何事も早期に着手するとチャンスが比較的容易に手に入るものです。例えば、ミーティングのために3度も渡航したとしましょう。振り返れば結局、初回に会った最初の女性が一番良かったなどというようなことはよくあった事です。その時が一番良かったということが後になって初めて分かったことを一度でも何かで経験している人はわかって頂き易いのではと思います。人生でチャンスを掴みやすい人とは、常識が理解出来、考え方が柔軟で計画性があり、多少のリスクを取りながらも計画に踏み込んで実行に移せる人だと私は思います。石橋を叩いてばかりの人はまずその橋を叩いて割ってしまい、下を流れる川に落ちて流されてしまうだけでしょう。今の時代を流れる川は激流で、流れもとても速いですよ。

 

東欧 ロシア カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト