ドメイン

自分の外見にも厳しい目を

ロシア・東欧・中欧国際結婚を扱う当社のHP上では、面接にお越しの際は御自身が現地でこれを着てミーティングに臨もうと思っていらっしゃる恰好で来て下さいと申し上げていますが、最近どうも聞いて戴けていないようです。ジャケットを着てズックを履いてきた方がいらっしゃいました。崩れた外見力を矯正することはとても重要です。当方が男性だからということで気を抜かれているのでしょうが、以前に当欄で述べているように、まずは私達Agencyとのお見合いからが全てのスタートです。またお会いした時に直して戴きたい服装センスを当社の担当がアドバイスしてもよく聞いてもらえていなかった方が最近もいらっしゃいました。一度指摘を受けたことは、自分なりのアクションを取った上で「これで良いかどうか」と自ら確認するぐらいに真剣に取り組んで頂かないと、誰に会っても第一印象で既にアウトですよ。我々はよく現地の運営者との間で各々のクライアントの服装センスが話題になります。ロシア・東欧・中欧の現地の運営者も登録女性達と同年代の若い女性達です。ミーティング女性達と全く同じ視点で皆さんを見ています。場合によっては現地で買い物に引っ張って行かれることにもなりかねませんので、そのような事にならないよう渡航前に当社の担当者の言うことをよく聞いて戴きたいと思います。それとて現地で十分な時間があって初めて可能な話です。時間的に余裕のない大方の人達にはその時間的余裕さえないはずです。

厳しい言い方をしますが、とかく日本人は一般的に外見に気を使う人が少なく、年齢を重ねるごとにその傾向が強くなっていきます。服装、歯並び、体臭、口臭など、どれ一つとっても欧米男性達に劣ります。

現地に行ったら、一度上記の4つの視点で彼等・彼女等を一人一人チェックしてみてほしいと思います。白人社会ではまず該当者に当たることは滅多にないはずです。最低限のエチケットです。

 

肉体的な外見については持って生まれた宿命があります。ハンサムな人もそうでない人もいます。対岸のロシア・東欧・中欧の女性達も同じです。女性達は皆さんご自身のレベルをよく知っています。男性の皆さんも、女性を見る時と同じ厳しい目をご自身にも向けて下さい。自分を客観的に見詰めた上で、自分とレベルの釣り合う女性を選ばなければ何時まで経っても結婚はおろか交際にさえ入れません。これはどこのエージェンシーに行っても同じことです。潜る門を変えたら変わる状況ではありません。

ロシア 東欧 カザフスタン 国際結婚相談 Harmony 運営者

ブログランキングに参加しました。参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2ブログランキング人気ブログランキングへにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へにほんブログ村 恋愛ブログへ


スポンサーサイト